帝王切開による出産

何事もなく、無事平穏に出産を終えたという人は意外と少ないのではないでしょうか。お産が終わるまでに大なり小なりのトラブルを経験しつつ、この人生の一大事業を成し遂げるというものであろうかと思います。トラブルのためにやむなく自然分娩を諦め、帝王切開をせざるを得ないということも起こりえます。

出産の経験の有無にかかわらず、女性の中では自然分娩と帝王切開が対立項として持ち上がり、ときにその優劣が話題になることがあります。自然分娩のほうがよりよいという声のほうが大きく、ひどいときには「陣痛がつかない出産は甘え」だとか、帝王切開で生むと母として劣るというような、誹謗中傷めいた発言まで見受けられます。

帝王切開は甘えでしょうか。ただ寝ているだけで出産が終わるように考えている人もいるようですが、要は開腹手術ですので、麻酔をかけて患部を切ります。麻酔をかけたりメスを入れたりすることによるデメリットも当然あります。そのうえ、帝王切開はなにも陣痛がつかないとは限りません。

もともと帝王切開の予定でも、予定より前に陣痛が起きてしまってから前倒しに手術を行うこともありますし、数日間陣痛に耐えたあと、母子の健康を慮って手術に切り替えるということもありえます。

また一般的に、帝王切開は術後の傷の痛みが辛いと言われています。帝王切開なら痛い思いをしなくていいというわけではないのです。それに多くの場合、帝王切開は母子の健康をおもんぱかって取られる手段です。

本当なら自然分娩で生みたいが、仕方なく手術に踏み切るという母親が多いのです。自己満足にとらわれず、わが子のために体にメスを入れることを決めた人の姿が、生みの苦しみに耐えて自然分娩で生んだ母親に劣るという主張は、出産そのものの神秘性や尊さを汚す行為ではないでしょうか。

子供と妊婦